地震を予測することで二次災害に巻き込まれることを防ぐ

地震の基礎知識

地球は中心部分以外は岩石で構成されていて、その中でマントルと呼ばれるプレートが複数、存在しています。そして、地震はそのマントルがぶつかることによって起こる衝撃によって発生していると言われています。

地震を予測する

防災グッズ

日本で多い地震

最近、日本列島での地震発生率は異常に高いです。そのため、日本人の多くがいつ、どこで地震が発生するか、常に怯えて暮らしています。しかし近年では、地震の対策も国によって施策されており、以前よりも地震に対する恐怖は少なくなってきています。ですが、地震が怖いことには変わりません。地震での災害を最小限にするためにも、やはり常日頃から地震に備えた行動をとっておくべきでしょう。

地震を予測する

今や、地震についての研究も進んでおり、地震予測も実現しつつあります。地震を予め予測するためには、地震が発生する前兆現象を正確に把握する必要があります。そして、最近では、地震が起こる前に発生する強い電磁波をキャッチすることで、事前に地震を予測する観測方法が成功していて、実用化が進んでいます。

地震予測に関連する情報

地球

地震雲で予知

地震が起こる前に、現れるのが地震雲と言われています。この地震雲と地震の関係性の科学的根拠は未だに立証されていないものの、最近では地震を予測する上で注目されています。

READ MORE

地震に備えておくアイテム

保存が利く食品

地震が発生することで、行動がかなり制限されます。そして、建物に閉じ込められたときには、保存が利くカップ麵やレトルト食品、缶詰などが重宝されます。また、ご家庭に赤ちゃんがいる場合には、赤ちゃんのために、粉ミルクなどを用意しておきましょう。

飲料水

地震によって、断水が余儀なくされる可能性もあります。そんなときに、飲料水が家にあったなら、数日程度の生活なら安心して送ることができるはずです。また、地震に備えておくための飲料水なら、生活で使用している水道水をストックするのもいいでしょう。

明かりがつくもの

地震では電気やガスが利用できない状況に陥ることがあります。だからこそ、明かりがつくアイテムはかなり重要になってくるのです。もちろん、携帯電話なども明かりをつける上で便利なものですが、長時間、明かりを灯すことができる電灯などが理想的です。

衛生用品

地震ではご自身の身に何が起こるかわかりません。急に窓ガラスが割れて、飛散し大怪我をしてしまう可能性だって十分にあります。確かに重症を負った場合には、正しい処置をするために専門的な医師が必要になりますが、軽度の場合には除菌ができる衛生用品を持っているだけでも心強いです。

軍手

地震発生に伴い、住宅の中には危険が沢山潜んでいます。そして、それはいつも使っている場所を触れることで容易に怪我をしてしまうこともあるほどです。そんなときに軍手を装着しておけば、手の怪我を防止することもできますし、周りに何がある手で確認することも可能です。

[PR]

地震を予測できるサイトに登録しておこう!
万が一に備えておくべき★

新着情報

住宅の安全を確保

地震が発生したときに、家具の置き方に工夫しているか、していないかで住宅の安全性は大きく変わってきます。地震が起こった際に、住宅内で危険な思いをしないためにも、家具の配置、家具の固定をしっかりと行っておくことが大切です。

地震に関連する疑問

マグニチュードと震度の違いは?

マグニチュードと震度には同じ地震の規模を測るものですが、厳密に違いがあります。マグニチュードは地震全体的な規模を表しています。一方、震度は地震が発生するポイントから出てくる揺れの規模になります。もちろん、マグニチュードと震度の大きさは比例すること多いです。

台風で発生する大きな波と津波の違いは?

台風の時に発生する大きな波は一般的に風波と呼ばれていて、津波とは少し違います。この風波は一時的に水位が上がるもので、約10秒ほどで水位が下がってしまいます。そして、高さのある津波の場合には、水位が上がって、すぐに下がるのではなく、約5分から10分以上とずっと水位が上がったままの状態が続きます。

長周期地震動の怖さは?

長周期地震動の怖さは、地震の揺れに関係しています。一般的な地震による揺れは遠ければ遠いほど地面に伝わっていく過程で、揺れの強さがなくなってきます。しかし、長周期地震動の場合は、震源地から遠い場所でも、強い揺れのまま伝わることが多いので、通常の地震よりも災害が大きくなる可能性があります。

地震に備えておくには耐震性能が必要?

近年、地震が多く発生していることもあり耐震性能が優れている住宅や耐震工事にも注目されています。地震に備えておくことで、命をまもつことに繋がりますので、やはり耐震性能が優れている住宅はおすすめできます。

日本で地震が多いのは何故?

日本列島の近隣には地球規模でも大きなプレートである太平洋プレート、ユーラシアプレート、インド洋プレートなどが存在しています。だからこそ、日本列島で地震が多いのです。そして、この大きさプレートのほとんどが日本列島に向けて、移動しているので、今後も地震が多く発生することが予想できます。